橋本一郎(はしもと・いちろう)さん


昭和
11年12月 1日
34年 3月 同志社大学 卒業

36年 4月 朝日ソノプレス 入社
43年 3月 退社
〃年    少年画報社 入社
52年    退社

以後は著述業に専念

公式ツイッター:https://twitter.com/hashimotoichi23


朝日ソノプレス時代に手掛けた主なソノシート化作品:
鉄腕アトム、鉄人28号、エイトマン、狼少年ケン、
ジャングル大帝、おそ松くん、オバケのQ太郎、
リボンの騎士、悟空の大冒険、ひょっこりひょうたん島、
ウルトラQ、ウルトラマン、マグマ大使、悪魔くん 等々





『黒い秘密兵器』とか『ストップ!にいちゃん』等のテレビ化されていない漫画の音盤はどなたが手掛けられたんですか

 村山(実)。
 それは 『おそ松』が(テレビ化する前の音盤化でも)けっこう売れたんで。少年誌が、マガジンが80万くらいと人気が有ったんで、出せば10万くらいは売れたんです。
 それに(『ストップ!にいちゃん』が掲載されていた雑誌「少年」は)『アトム』や(『鉄人』、マガジンには『エイトマン』)なんかで、結構アニメのお客さんが付いてたんで、出せば10万や20万売れるんで。


『宇宙パトロールホッパ』は…

 それは東映でしたっけ? じゃあ村山だと思います。 


日音の『スーパージェッター』とかも村山さんですか

 それは途中から村山だと思います。
 

『狼少年ケン』(曲:小林亜星)は橋本さんで。これはやっぱり、手塚さんとの繋がりで月岡貞夫さんとの繋がりが出来たという事ですか

 いや、(ソノラマで使っていた)飛行館スタジオ。そこに加藤幸四郎っていう加藤登紀子の親父が居て。彼がそこのトップで。
 コマソンを作っている会社で潰れそうな会社が有って、それを飛行館スタジオが引き取ったわけ。冨田勲とか、小林亜星とか、そこに居たわけ。
 コカコーラかペプシコーラの吹き込み見てて、凄いのが居るなと。


『狼少年ケン』は初めて歌を聞かれた時の衝撃を著書で書かれていますが、それはやはり、それまでのアニメ主題歌とは違う感じが…
 
 ガラッと変わっちゃった。 三木鶏郎が、それで時代が終わっちゃった。
 

亜星さんは確信的に自分でも思っていたようですね。俺が新しくするんだと
 
 その影には、飛行館スタジオの横倉というディレクターがいたんです。


その横倉さんの才覚がかなり影響してると
 
 いやあ、決定的だったろうね。
 

具体的にはどのような感じなんでしょう
 
 亜星さんが手掛けていた(テレビやラジオの)劇伴、BGMの中からいいとこ拾ってきて、 それをレナウンの「ワンサカ娘」とか、「どこまでもいこう」(ブリヂストン)とかにするわけよね。


亜星さんのブレーンみたいな感じですか
 
 ディレクター。監督だよね。
 横倉で笑っちゃうのは、15、6人編成で飛行館で録音するじゃないですか。そこに自分のコマソンで録りたいのを潜り込ませちゃう(笑)。フルバックで。


予算以上の音の厚みが出来るという事ですか

 そりゃもう、全然。その頃、よそはみんなピアノ一本でしょう。プレゼンから違う。
 亜星にもそういう時代が有ったわけ。

 
宇宙エース』は初めてのタツノコプロ作品ですが

 それは村山でもない、もう一人の誰かにやらせて。
 

これも一応独占になってるようですが

 あ、そう。じゃ俺も噛んでるかもしれない。
 あまりタツノコには、最初はやってたけど、途中までしか。


タツノコに話しに行ったご記憶は有るんですか

 有ります。上水の横に有った…小平上水だっけ。 国分寺から歩いて行って、そこに有って。何度か通ってました。
 

『遊星少年パピイ』(『鉄人28号』と同じ三木鶏郎)は橋本さん…

 いや、村山。


あ、第二弾になると任せちゃうんですね

 揉め事が無くなると(笑)。
 
 
『丸出だめ夫』とか『スパイキャッチャーJ3』とかは…

 村山。


基本的にはお二人だけだったんですか

 何人かいるんだけどね、大変なの、やっぱり。
 争いの連続でしょ。よそが食らいついてくるし。


成し遂げちゃう人は大体お二人に限られちゃうという事ですか

 そう(笑)。


橋本さんのご著書を読むとけっこう音楽の話が出て来ますが、素養は…

 無い。だけど毎晩のようにスタジオに居れば、段々わかってくるんです。


手塚治虫さんの「ヨナ抜き音階やめろ」というような話も有りました

 あれは手塚さんが前から言ってた。初めて聞いて驚いて。
 

最初から海外進出を考えてらしたんですね

 あの人、日本の音楽好きじゃないんだ(笑)。


あ、演歌とか…

 大嫌い(笑)。軍歌とか駄目で。
 

育ちが良い人ですからね

 そうそう。

 それで、怪獣ものが売れ出して。


あ、ウルトラQとか

 ウルトラQがメチャクチャ売れて。
 そこそこ売れればいいだろうなんて思ったのが、爆発的な売れ行きで。


『ウルトラマン』も放送前にご覧でしたか

 あれは(昭和40年)7月放映で、5月末かなんかに(シートで)やったのよね。
 だから「スペシューム」じゃないやつ。「シルバーヨード」ってやつ。口から吐く。だから口が有ったの。ゴジラかなんかから取ったのかな。

ウルトラマン危機一発!朝日ソノラマ(M-55)

 ウルトラマンの口が微妙に動かせるようになっている、俗称「Aタイプ」のマスク。
 実際の映像でも初期の口元はこんな感じです。

yohdoji高らかに謳われる「シルバーヨード」!

yohdo口から放たれるNG必殺技、シルバーヨードが絵になってしまった。

saitoh絵は、なんと「さいとうたかお」!



『マグマ大使』もやられたんですよね

 そうです。あれは独占です。


あれも虫プロに通ってての話ですよね
 
 ええ、虫プロに行ってたら、東急エージェンシーの上島一男(かみしま・かずお=プロデューサー)さんが来て、マグマ大使をやるんだって事で。
 オバQ音頭やなんかムチャクチャ売れてたんで、この人(橋本さん)に任せたらみたいな感じで。


結構やり手の方だったとか

 東急エージェンシーっていうのは、東急のお坊ちゃまが作った会社なのよね。
 大体、何する会社かわかんなかったです(笑)。エージェンシーっていう言葉自体が。
 出来たばかりの会社で、ロッテがスポンサーで、制作で当てようっていう山っ気あるのが手塚から版権もらって始めたんだね。
 で、制作部が無いんで、ピープロを下請けにして東急エージェンシーが作ったの。
 でも、現場を押さえきれないわけよね。映画作業であぶれた人たちが雪崩れ込んできて食い物にしちゃって。 
 最後は滅茶滅茶になって、 『怪獣王子』なんか、お情けで何回か作ったけど、破綻して。

 
『怪獣王子』の最後はかなり立て込んでたようですね
 
 最初から、もう駄目だったの。


『怪獣王子』のシートもやられたんですよね

 『怪獣王子』(歌:天地総子)は、やりました。
 『マグマ大使』の時にフジテレビから『ちびっこのどじまん』 のチャンピオンに(主題歌を)歌わせろっていう要請が有って。
 ところがあれね、とても子供が歌うような歌じゃなくて、ちゃんと男声コーラスでやらないと。
 その要求をはねのけるのに困ってて、天地総子に二通り歌い分けてもらって、それ聞かせたら『ちびっこのどじまん』のチャンピオンより上手いって事で。 
 で、あれ男声コーラスになったんだけど、その時に天地総子に嫌味言われたの。借りが出来たわけ。
 それで、どうせ『怪獣王子』は早く終わっちゃうし、ここで貸し借り無しにしとこうと。


じゃ、天地さんが『マグマ大使』を歌ってる音源も有るんですか

 いや、音源は無い。テストして聴き比べ。チャンピオンといかに違うかと。プロとアマの違い。決定的に違う。


『マグマ大使』は独占じゃなくて、キンダーレコードとしてポリドールから出てますね。(歌手違いでコロムビアからも)

 出てた? じゃ、それもまただ。


あ、ご存知なかったんですか

 知らない。


独占と思ってらした

 うん。
 それだよ、課長がまた。


本当は独占のつもりだったんですか

 いや、契約書に「独占」って。
 

『怪獣王子』はどうなんでしょう
 
 知らない。でも、俺がやったんだから「独占」と入ってると思うんだけど。
 
 
そう言えば『怪獣王子』は(キンダーの他に)テイチクだったかも
「ミスター独占」ですから可能な限り独占で契約してたんですか 

 いや、絶対に「独占」で。


それを上の方で無視した事が有ると
 
 中間、中間。 
 専務が契約書を交わすんだけど、沢山あるから契約内容までわかんないんじゃないかな。
 それと出来たばかりの会社だから、権利関係を管理する部署が無いわけ。だから独占契約を結んでも、契約書は俺が持ってるわけ。俺のロッカーのファイルに入ってるんだけど。

 怪獣物が売れたんで、怪獣図鑑っていうのもメチャクチャ売れて。


『怪獣大画報』(M-56)とか『怪獣大図鑑』(M-57)というのがそうですね

 そうです。『ウルトラマン』で各社競作になったんで、それを潰すために『怪獣図鑑』をぶつけて。客を根こそぎかっさらった。
 類似本が出たって事は売れたって事なんだけど、怪獣図鑑だけで十何種類出た。
 最後は小学館、講談社まで図鑑を出して。
 

出版社が出す前に橋本さんが一番最初にやったって事ですね

 うん、そう。


発想が凄かったですね

 大伴昌司を一人前にしようというような。
 それで怪獣図鑑が出始めたら解剖図鑑ぶつけてグジャグジャにしておいて、また出したら妖怪図鑑をぶつけて。
 結局その騒動が終わった時に、11社あったシートの会社が4社くらいに。怪獣バブルで淘汰された。


『悪魔くん』は漫画の時から目を付けてたんですか
 
 あれは平山(亨=東映プロデューサー)さんが特撮の人に珍しく漫画をよく研究してて。東大卒なんだけど。
 彼はその時に水木(しげる)さんのとこに入り浸って、漫画の事を色々と調べて、そういうのが後の『仮面ライダー』とかに活かされてるの。
 
 
東映なんですけど橋本さんが手掛けたのは何故でしょう 

 平山さんとの付き合い。
 結局、道路隔ててあっちとこっちのわけよ、東映と(朝日ソノプレスは)。
 それでなんとなく知り合って、「じゃあ水木ちゃんとこ行こうよ」って。


それでは『悪魔くん』立ち上げの時から

 うん。そこで彼は勉強して。その後『柔道一直線』とか大当たりするけど、その頃は3、4人しかスタッフいない所から始めてるから。
 東映京都の松田定次っていう時代劇の大監督の下でチーフ助監督だったの、彼は。チーフ助監やって、二本くらい撮ったのね。撮ったんだけど二本ともお蔵入りして。それでそのうち映画が落ち目になって、テレビの方に飛ばされてきたの。
 だから彼も仕事が無い時。『悪魔くん』が、ちゃんとした物を作れるっていう実績になって。


平山さん、予算使いすぎだって怒られたらしいですが

 だって、テレビ番組自体が予算無かったのよ。一本50万、60万って話で。『隠密剣士』だって100万行かないって話だったんだから。
 ただ、そこで実績作ったから、彼は。


『マリンキッド』なんて覚えてらっしゃいますか

 はい、やりました。
 
 
こういう(新興プロの作品)は向こうから言って売り込んでくるんですか

 ええ、そうですね。


橋本さんのツイッターで驚いたのは、スーパースリーの作詞をされたとか
どんな経緯なんでしょうか 

 TBSで『彦左と一心太助』とか主題歌をやると、原作者とか脚本家が作詞をすると、大体スポンサーからNGを喰らうわけ。100%NG喰らうの。


『彦左と一心太助』も橋本さんですか

 うん。『ジャンケンケンちゃん』とか、あと、このあいだ言われてどうしても思い出せないのが幾つか有って。
 

でも『スーパースリー』はNETですね

 なんだろう。作曲家筋からの頼まれだね。


橋本さんも『スーパースリー』の作曲家を思い出せないとの事ですが、(当時ハンナ&バーベラ作品を多数作曲している)橋場清さんではないでしょうか

 違うねえ。
 

『ジャンケンケンちゃん』作詞名義は「今戸悠(いまと・ゆう)」さんとなってますが、これは「今度言う」から来てるんですよね

 そうです。あと、『怪奇大作戦』が2つ有りますね。(番組では使用されなかった「怪奇ソング」「暗闇のバラード」)
 あと、『珍豪ムチャ兵衛』もやりましたねえ。


あれは「東京ムービー企画部」名義になってますね

 ところが、このあいだ(東京ムービーから)取り調べを受けまして。当時を知ってるのが俺しかいないの。呼ばれて。
 

じゃあ、これからは橋本さん名義になるんでしょうか

 いや、どうなるかわかんないけど。一応、「東京ムービー企画部」は抹消という事で。


個人名になる可能性が有るんですね

 有りそうだね。


『スーパースリー』とか『大魔王シャザーン』での名義の由来は有りますか

 いや、一回限りの名前だから、特に意味は無いの。
 『スーパースリー』はYouTubeで再生100万回超えてるね。


あれはワタクシもかなり歌いましたからね。「ラリルレロン」ですよ。
あの「ラリルレロン」というのも橋本さんが考えたんですか 

 いや、記憶では、絵を見ながら、絵に合わせて詞を付けてくれって言われて。
 元々向こうのに入ってたんじゃないかな。それで日本語を付ける時に、絵を見て付けていったの。「コイルはでぶっちょ」とか、なんか。


『ケンちゃんトコちゃん』の「風間しげみ」さんっていうのは違いますか

  なんか2つか3つ有ったね。


この「風間しげみ」さんも正体不明なんですよ

 そう。じゃ、そうかもしれない(笑)。スーパースリーとか自分の匂いがするからわかるんだけど。
 自分でセンス有るとは思わないけど。スポンサーの受けがいいって事は、個性が無いって事だからね。個性が有ると歌の世界に行けるけど、スポンサーの受けが良いようじゃ、飯は食っていけないよ。プロにはなれない。
 
 
日音のどなたかと昵懇でらしたんですか

 『ウルトラQ』でやたら昵懇になった人がいて。だって、怪獣シリーズであの会社は大きくなったのよ。
 最初は10人くらいしかいなかったんだから。『スーパージェッター』の頃なんか机が10個ないような会社だったの。


『ウルトラQ』もかなり売れたんですか

 あれもミリオン近かったんじゃないかな。


まったく番組と関係無い歌でしたが(笑)

 (楽曲管理の)日音としては歌をつけないと売れないから。無理に歌作って。
 

番組テーマ曲では子供相手にキツいと思ったんでしょうか

 いやあ、俺は怪獣だけで売れると思ったんだけど(笑)、日音がセールスのために付けたんだね。
 あの売れ行きは日音がビックリしたんじゃないかな。


で、その後また『オバQ』でドカーンと

 そうそうそう。
 『オバQ』は小学館の取り分だから。 


日音の分も削るくらいの

 そうそうそう。
 
 
小学館が大きくなったんですね

 そう。だって、あのビル、「オバQビル」って言ってたんだから。
 その前、一橋に有った頃の小学館って二階建ての会社だったのが、『オバQ』でビルが建っちゃったんだから(笑)。 


小学館で赤塚不二夫さんの担当だった武居記者の本を読むと「うちは百科事典で売ってんだから漫画なんかで儲ける必要は無い」というお高いところが有ったとか

 よく言うんだけど、俺が行った時は第一編集部と第二編集部が有ったの。第一編集部は学年誌をやってて、会社の柱。支柱。で、そっからはみ出したのが第二編集部で、漫画。 
 

主流じゃないところが稼ぎ出しちゃったんですね。ソノラマと同じですね。

 そう(笑)。 だから、そういう時代を武居はわかってるの。

  
少年マガジンの編集長……
切れ者って評判だったんですが、まったく評価してらっしゃらないですね

 してない。漫画わからないもの。
 
 
でも『巨人の星』とかああいうのは、あの方がやったんじゃないんですか

宮原さんは内田さんの後の編集長ですね

 だけど副編(副編集長)だったの。
 内田が最初に担当したのが藤子不二雄。だけど漫画わかんないの、内田は。講談社イズムで漫画描かせようとしたの。だけど藤子さんのは全然違うわけよ。
 それで藤子さんたちが「担当替えてくれ」って。でも替えるわけにはいかなくて擦った揉んだして。
 内田は漫画わかんない。だから、ああしてスッテンコロリ。『巨人の星』と『あしたのジョー』が終わった後、毎週数十万部単位で部数が落ちたの。
 それで宮原が編集長になって。


それで手塚さんとかが『三つ目がとおる』なんかで活躍されてましたね

 この間の『ブラックジャック誕生秘話!』 で初代担当の岡本と言ったんだけど、少年誌っていうのは低学年を抑えてないと駄目なの。それを内田はやらないで、上へ上へ行っちゃって。だから部数の減り方が凄かったね。


ジャンプはその辺が上手かったですね

 人気が無くても、(対象年齢が)下のを入れとく。
 チャンピオンもそういう感じでやってて。 『ブラックジャック』始まった時、全然人気が無いの。12本の漫画の中で11番目か12番目。
 

『ブラックジャック』あたりからチャンピオンも人気ありましたもんね

 いや、その前から。
 チャンピオンが潰れそうになっちゃったわけ。それで壁村(耐三)っていうのが来たわけだけど、一年以内に十何本ある漫画を全部切っちゃうわけね。水島新司の『ドカベン』だけ残して全部切っちゃう。
 それで『がきデカ』とか入れて、最後に『ブラックジャック』入れて。一瞬だけだけどジャンプ抜くんだよね。


橋本さんが(ソノラマ退社後に)いらしたのはキングでしたよね。他の四誌に比べるとかなり落ちてたんですか 

 俺の頃はまだそうでもなかった。『ジャイアント台風』なんかも有ったし、『怪物くん』も有ったし。望月三起也もいたし。


そう言えばキングにも赤塚さん『おそ松くん』描いてましたけど、それにはタッチしてらっしゃらないんですね

 短期間で飛ばされたから。
 それで立ち上げたのが増刊ヤングコミックっていうものです。
 そこで手塚さんの『悪魔の開幕』っていう読み切りやったんだけど、独裁的な総理大臣が憲法を変えて、自衛隊を軍隊にするという話。


増刊という事は毎週出していたわけではないんですか

 いや、毎月ですね。
 そこで最初一人でやってて… いつも一人でやってて… 


いつも一人で…(笑)
 
 すぐ飛ばされて(笑)。
 そこへ飛ばされてきたのが、今の戸田(利吉郎 少年画報社)社長で。 
 その本も二人で作ったという…


 ここで言われている「本」というのは、2015年の夏に発売されました橋本さんのご著書『鉄腕アトムの歌が聞こえる』の事です。

 橋本さんが鉄腕アトムのソノシートを手掛けた時の話を始め、手塚治虫先生との繋がりを中心として、ご自身のソノシート時代から増刊ヤングコミック時代までの漫画との関わりを綴られた330ページも有る力作です。

 非常に興味深い逸話が満載で、とても面白く、ワタクシも一気に読んでしまっていました。

hashi このお話を伺った時に持参しまして、サインをして戴きました。

 今回のお話では、極力、この本に載っていない事を聞き出す事に注力しましたので、こちらのご本と併せて読んで戴けますと、より理解し易くなるかと思います。

 勿論、橋本さんに宣伝を頼まれたわけではありません(笑)。
 ワタクシ自身が面白かったので、勝手に推しているだけでございます。



 Amazonでの購入はこちら↓
 
楽天での購入はこちら↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鉄腕アトムの歌が聞こえる 〜手塚治虫とその時代〜 [ 橋本一郎 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/26時点)




 

この稿は 2016年9月4日に埼玉の喫茶店で伺ったお話を元に再構成させて戴きました。